客船フェスタ2016開催

神戸市・神戸市客船誘致協議会では、平成29年の神戸開港150年を来年に控え、市民の皆様にクルーズや港に親しみや魅力を感じていただくとともに、乗船客の皆さまを神戸ならではのおもてなしで歓迎するため、外国客船「セブンシーズ・ボイジャー」の入港にあわせ、3月5日(土曜)に『客船フェスタ2016』を下記のとおり開催します。ぜひ神戸港までお越しください。

http://www.kobeport150.jp/event/e160305.html

神戸市の夜景が改めて新日本三大夜景に選ばれました。

神戸市の夜景が改めて新日本三大夜景に選ばれました。
その中でも摩耶山からの眺めはロマンティックできらきらしています。
空気が圧縮し澄んだ空気でもある冬の夜景は寄り添い暖まりながら観るには最適。
冬の夜景もぜひ足を運ばれて観てください♪
より距離が縮まること間違いありませんw
Kobe night view has been selected once again by Shin Nihon Sandai YAKEI(major night view).
View from Mt. Maya Among them have been sparkling romantic.
Perfect for watching while warm up winter night view of the air is also the air clear and compression snuggle.
Please watch in winter night view is also by all means carry a foot ♪
No doubt that more distance shrinks.

摩耶山 掬星台 (日本三大夜景)
まやさん きくせいだい
誰もが感動する、日本三大夜景にふさわしい神戸1000万ドルの夜景
夜景ガイド
六甲山系の摩耶山「掬星台」から眺めるパノラマ夜景は日本三大夜景に数えられ、夜空の星はもちろんのこと、眼下に広がる神戸の街が宝石箱をひっくり返したように美しく輝き、見事な神戸1000万ドルの夜景を見ることができます。
掬星台は標高約700mにあり、同じく日本三大夜景の函館山(334m)、稲佐山(333m)よりも高度があり、神戸市内のみならず、大阪や関西国際空港、西は明石方面まで一望できます。
六甲山系ではもちろん、関西でも屈指の美しいパノラマ夜景です。
摩耶山という名は、弘法大師が釈迦の生母・摩耶夫人の像を祭ったことから付いたそうです。
また、掬星台という名の由来は、先人が満天の星空があまりにも美しく、「手を伸ばせば星が掬(すく)えるようだ」 と言ったところから来ているそうです。

3/3~3/7 日本初!「バウムクーヘン博覧会」開催!

3/3~3/7 日本初!「バウムクーヘン博覧会」開催!
洋菓子の街・神戸にて、日本初のイベント「バウムクーヘン博覧会」開催! 全国から約25店が集まる”マーケットプレイス”をはじめ、焼きたてバウムクーヘンが食べられるコーナーもございます!
ドイツの伝統菓子である「バウムクーヘン」を日本で初めて焼いたのは、菓子メーカ「ユーハイム」の創業者で、神戸に初めて欧風の喫茶店を開いたカール・ユーハイム氏でした。氏は奥様のエリーゼさんともども、神戸でその生涯を終えられています。